So-net無料ブログ作成
検索選択

横山由依の総監督 の理由は以外にも○○だった! [芸能]

スポンサードリンク


こんにちは、かずです。

今年もAKB総選挙の時期が近づいてきてますね
高橋みなみの後継者として抜粋された横山由依。
48グループ、総勢300名近いメンバーの総監督である。

高橋みなみ と 横山由依 の違い

高橋みなみは、どちらかというとグイグイとチームを引っ張るタイプ
というイメージが強い。それに比べて横山由依は、周囲への気配り
が長けているというイメージが強い。

横山由依の写真.jpg

乃木坂46や欅坂46は総選挙を行わない。
でも48グループは総選挙を実施し、メンバーが順位づけする。
順位が上がる、下がるなどランキングされるメンバーにとって
それは相当に精神的なプレッシャーだ。

そんなメンバーに気遣いできる横山由依は最高の総監督者になるだろう。

2017年5月31日にリリースされるAKB48枚目のシングル「願いごとの持ち腐れ」
これは、「個人の為に」ではなく「チームの為に」といった内容の詩になっている。
横山由依が総監督となったことで、アイドルとはまた違った立ち位置になってくる。
そうなると、当初考えられていたソロデビューといった道も遠のくのではないか…。
そんな巷の噂がこの「願い事の持ち腐れ」にぴったりの歌詞となっている。
個人の為ではなくチームの為、グループの為にという内容だ。

これからAKB48、48グループが20周年、30周年と長く続くか
次世代へのバトンタッチ的な役割を果たせるか、
重要な役割を背負ったことは間違いない。

横山由依の48グループの総監督、期待したい。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。